スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天外天@熊本市

□天外天とは・・・

天とは“空”。空の外の空って言う意味。つまり果てしない宇宙ってこと。

宇宙って聞くと宇宙ヤバイのコピペを思い出すボクは・・・(以下自粛)


ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
宇宙ヤバイ。
まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。
広いとかっても
「東京ドーム20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何㌶とかを超越してる。無限だし超広い。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、
宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。


光ですら脱出できないブラックホールがどこにあるのか世界中の天文学者が研究をしているけど、望遠鏡で覗いて見ても光も吸い込むから見ても分かんない。光も吸い込むって何?ブラックホールの中心に密度と重力が無限大の地点があるらしい、無限大って何?

そんなブラックホールの特徴から推測すると前田敦子の顔面の中央にブラックホールは存在するとです。


2295037545_6f5502d374.jpg


~閑話休題~

熊本の夜専ラーメン店です。

この日はちょっと毛色が違っておりました。

tengaiten0921.jpg

スープはいつもの天外天ですが、明らかな麺上げのタイミングミス。ミスというより麺上げしている若いお兄ちゃんの好みなのか?随分と硬い。せめてあと30秒茹でてくれれば、ポクポクした麺がスープを持ち上げてくれるのになぁ。麺上げのタイミング1つでここまで表情が変わるとですね。しかしこのニンニクパウダーの破壊力は素晴らしいの一言に尽きます。全身臭い。



ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

埼陽軒@熊本市

□熊本版地元スペシャル

観光客向けではない地元スペシャルがあるとすれば熊本版地元スペシャルの1つがココ。“きようけん”て読みます。シウマイ弁当で有名な横浜の崎陽軒とは読みは同じですが、字がちょっと違います。

埼陽軒@熊本市

kiyouken0202.jpg

再開発が進む熊本駅から少し入ったところにあります。スグ近くには有名な“黒亭”があるとですが、黄昏趣味のボク的には断然コチラの方が好いとります。鮮やかな暖簾を潜ると一気にノスタルジックな雰囲気。ラーメンと飯を注文した。

ラーメン 550円
白飯 150円
kiyouken0202 (1)
トンコツと野菜で取ったスープはあっさり。香味油として使われているごま油の風味が軽く鼻に抜ける、そしてやっぱりニンニクチップ。一口目のパンチの無さと言ったら絶妙のパンチの無さなのですが、なかなかどうして後追い型。グイグイと旨みの小波が押し寄せてきます。やや太めのポクポクした麺は博多基準で言うと随分柔らかめに仕上げてあります。ジュワ~ァ・・・と沁みるような黄昏スープ、こりゃたまらんバイ。玉名あたりの最近改装された某が頭をよぎりますが、味の記憶に確信が持てないのとアソコに似ている!なんていう話はなるべく自重したいので備忘録程度に書き留めておきます。




ごちそうさまでした。

好来@人吉

□好きだから来てしまう

 それが好来(ハオライ)クオリティー


ラーメン 500円
haorai1201.jpg
いつものハオライでした。卓上のクラッシュされた唐辛子を人より少し多めにかけて食べるのが好いとります。真っ黒いスープとモヤシの白のコントラストの強烈さとは裏腹にやさしい味。大将のお顔のように優しい味。マー油がこれだけ入っているのに、全くクドさが無くスイスイと食べ進めれる感じは流石。やや太目の自家製ストレート麺がどんぶり一杯にみっちりんこ。たぶん博多の感覚からすると2.5玉~3玉はあるでしょうや。つまりボクの胃袋の限界のちょびっと上の方。でもきっちり完食できてしまうとです。




ごちそうさまでした。

蘭華@八代

国道3号線沿いの蘭華で焼肉ラーメン。

蘭華@八代
ranka1220.jpg


焼肉ラーメン 850円
ranka1220 (1)

出汁はトンコツと鶏がらのミックス。粘度が高めの甘口のスープ。そしてニンニクチップ、やっぱり熊本なんだなと再認識させてくれるニンニクチップ。ノーマルの大判チャーシューが二枚丁寧にイカダ代わりとなって甘辛いタレがしっかり付いた焼肉が1・・2・・・3・・・・4・・何枚か失念したが結構な枚数乗る。この濃い味付けの焼肉は米が欲しくなる。ベースのスープは旨いだけにこの焼肉の存在が大変惜しい。ただラーメンだけを啜るなら350円余計に払って焼肉ラーメンをすするよりも500円の一番ベーシックなラーメンの方が良いように思います。ただしここに小飯が追加となると一気に焼肉の存在感意義が増すように思います。ボクの脳内に白米+焼き肉=最強、という方程式が存在限りそう信じて止みません。自家製の麺はやや太目のストレートでもっちりした歯ざわり、強めのスープとの相性もよいです。変り種ラーメンとしては大変面白いです。



ごちそうさまでした。

好来@人吉

□好来て書いて“ハオライ”て読みます

定期的に食べたくなる一杯がいくつかあるとすれば、僕はここもその一つに入ります。家から好来まで距離を測るとちょうど200キロほどありました。高速に乗ってドライブがてら啜りに行くのにはちょうど良い距離なのです。


久しぶりの再開となりました。


ラーメン
haori0906.jpg
スープが真っ黒いとはマー油が入っとるからです。こげん真っ黒になるまでマー油を入れたらどぎつくて食べられんっちゃなかろうか?って思いまっしょう?マー油精製の技術が上手いとでしょうや、スープがこんなに真っ黒になっても全然どぎつく無く、むしろニンニクのいい香りがあっさりとしたスープに深いコクと力強さを出してくれとります。どんぶりにみっちり入った中太麺とシャキシャキもやしのコントラストも面白い。卓上のクラッシュ唐辛子を入れるとまた違った味わい。代用品の無い味わいがそこにあるからこそ、気が付けば人吉に向けてアクセルを開けるのです。以前と比べてややあっさりと感じましたが、そのような方向へ好来のラーメンが向かっていっているのか判るほど食べている訳ではありませんので判りません。



ごちそうさまでした。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。