スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こたん@野方

□博多どんぶりFESTIVAL 

秋の食の大イベント“博多どんぶりFESTIVAL”が始まります。

2011y10m29d_104348765.jpg

チケットを持って街に出よう!

そして期間限定の激旨オリジナルどんぶりを食べに行こう!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

□札幌風福岡みそラーメン

地味にラーメン屋が増えたこの通りこたんが出来て3年くらいはなるでしょうか?3年素通りしてすみません。初訪問です。

こたん@野方
こたn


みそ・醤油・しおの所謂“非トンコツ系”。非トンコツ系とトンコツかそれ以外かで括ってしまうとはボクがトンコツに心を売り渡しているからです。了見が狭くて申し訳ない。


みそらーめん 650円
こたn (1)

一番ベーシックなやつを注文しておりますが、特製・・・の類を注文すると1000円近くします。随分インフレな感じ。中華鍋でカンカンに熱せられたスープは激アツ。ポニュポニュの縮れ麺と基本に忠実な安心設計。札幌ラーメンという名前ですが、随分と福岡で食べつくされた感じのする懐かしさを感じます。もう福岡風札幌ラーメンでいいのでないでしょうか?それくらい妙なしっくり感があります。




ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

博多麺業島系@千里

□なぜこの仕様にしたし!

博多麺業島系が春吉から今宿バイパスのg.u.が入ってる総合テナントスペースの一角に移っての初の訪問。島系はLikeではなくてLoveなボクなのですが・・・。


博多麺業島系@千里
simakei (1)

何台駐車できるとやろか?いやに馬鹿でかい駐車場の一角にあります。前日からお肉スイッチが入っているボクはチャーシュー麺を注文したとですが・・・これがとんでもない悲劇を招くのです。


チャーシュー麺
simakei (3)

ひゃー!分かっとったけど、やっぱりやめときゃ良かった!

しかしスープを飲んで驚嘆。ボクの中の島系とは全く違ういわゆる長浜系もの。チャーシューの下から麺を引っ張り出してまた驚嘆。バリバリの長浜系の細麺。

なんでこの仕様にしたし!


以前の博多麺業島系
2011年4月4日
2010年7月24日


長浜系の細麺
simakei (2)

バリカタ!とか言ってるお客さんが多くて“?”ってなってたけど、やっとこれでわかった。この仕様なら島系って言わない方がいいと思うのですが・・・。名義貸しなら高くつきまっせー!と頭の中で萬田銀次郎がほくそえむ。

なんか明日から限定麺やるらしいです。
simakei (4)




ごちそうさまでした。

きりや@姪の浜

□マイノリティからマジョリティへ

非とんこつ系を食べる機会が最近は凄く増えました。おーし!醤油ラーメンという物を食べてみるぞー!と勢い勇んで入店しタドタドしいイントネーションで『ショーユラーメン ヲ クダサイ・・』と言わなければ醤油ラーメンを食べることが出来なかった20年前と比べて随分と非トンコツ系も福岡の街の中にすっかりと根付いておりんす。今では入店した後にトンコツラーメンが1つも無いという状況にも随分と慣れてしまって、『ほぅほぅ・・塩と醤油のお店ですかー』なんて自然と受け入れてしまうボクがおります。大学生のときにフラッと入ったお店でラーメンを注文したら醤油ラーメンのお店だったらしく、カウンターの上にドンッと置かれた見たことも無い色のスープの入ったどんぶりと対峙した瞬間に頭の中が真っ白になって『大将・・ラーメンば頼んだっちゃけど・・?』という珍台詞を発したあの頃が懐かしくもあります。

博多区生まれ豚骨育ちなボクは大学生になるまでトンコツ以外を食べたことが無かったとです。

きりや@姪の浜
kiriya0221.jpg
ここら辺も随分と変わりました。この交差点がこげん広くなると誰が想像したやろうか。そんな新しい景色の中にきりやはあるとですがココだけはなーんも変わっとりません。豚骨帝都の中でマイノリティな存在を貫き通した老舗であります。

きりやそば 730円
麺大盛り 180円
チャーハン 630円
kiriya0221 (1)
鶏がら出汁のあんかけ五目ラーメン。中華そばと比べてしまうが、個人的には中華そばのほうがシンプルでスコブル好印象。熱々のとろとろあんに細い縮れ麺がこれでもかと絡まってくる。あつあつのスープにもそれほど麺が劣化しないのはやや高めの加水率が功を奏したか、博多の麺のような加水率だとあっという間にスープの熱で糊状になるんじゃなかろうか?なーんて考えながらもイマイチどんぶりに集中できないのは中華そばと比べてしまうからなのです。




ごちそうさまでした。

丸一@徳永

□はよ寒くなれ

暑いのより寒いの大好きなので冬が来ると嬉しくなってしまいます。


丸一@徳永
maruiti1109.jpg


波多江の方にも同じ屋号のラーメン屋がありますが、関係はわかりません。国道沿いのわかりやすい方の店舗がこちら。昼下がりに入ると先客1名。世間話の真っ最中、そして片手には酒。正しいラーメン屋のスタイルでホッとします。ラーメンを注文した。

続きを読む

安全食堂@徳永


安全食堂へ行く。頻度は高くないが安全食堂にはコンスタントに通っている、これって地味に凄い事なのです。今日も満員御礼につき店の外にまで行列が出来ていました。

安全食堂@徳永

ラーメンとちゃんぽんと焼飯を頼む。焼飯が先に到着する。ラーメンが来るまで我慢したかったけど我慢できなかった。ラーメンが到着した時は大半を食べ終わった後だった。やや脂っこいがモッタリした口当たりの昔っから食っているような焼飯、チャーハンじゃなくて焼飯、米がシットリしていてこういう焼飯が好きだ。お腹がすいていたので写真は撮っておりません。

そしてラーメンが到着するのです。

続きを読む

プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。