スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来々軒@宮若市

□これだから黄昏探検隊はやめられない


来々軒@宮若市

どうです?惚れ惚れするほど渋いでっしゃろ?
rairaiken0125 (2)
若宮の役場のまん前にある同店。車道に面しており大型トラックなどがスグ横をビュンビュン走り抜けて行く。この車道脇を歩いて暖簾を潜るシチュエーションは宇美町の福龍のようだ。

昼過ぎカウンターを独占してラーメン啜る。

ラーメン 480円
rairaiken0125.jpg
透明なトンコツスープを出す黄昏店がここにはありました。豚骨スープは元々透明だったという話をするとえー?なんていう反応が返ってきますが、元々豚骨スープって透明だったのだという昔話を証明する貴重な一杯となっております。対馬小路の浜荘や志免のまるせん無き今、春日原の天広軒がイニシエの透明豚骨スープを味わうことができる貴重なお店なのですが、こんなところにお宝ラーメンが現存しておりました。

やや甘めの豚骨出汁は軽快な口当たり。ぽにゅっとした加水率が高めのストレート麺。シナチクが乗るのが特徴的だ。福岡市から犬鳴峠を越えて嬉々として啜るのは一部のマニアな方だけなのかもしれませんが、いっぺん啜っておいて損はありません。

途中で胡椒を多めに振った。甘くてダルーな雰囲気のスープに鞭が入りスープが走り出す。輪郭がシャープになるとまた違った顔つきになる。面白いなぁ。だから黄昏探検隊はやめられんとです。



ごちそうさまでした。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。