スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー軒@吉井町


春うらら。


午前中、秋月にて一件仕事を片付けて一路甘木へと車を走らせる。長閑な下渕の川べりを覗けば数人の男女がビニール袋片手にしゃがみ込み土筆取りの真っ最中。朝倉の三連水車がある筑後川堤防沿いの風景も素晴らしいが、この甘木から秋月に向う“下渕”の風景の方がこじんまりとして好きだ。牧歌的な緩やかな春の景色の中ではアクセルも緩む。制限速度を大きく下回ったスピードでノタリノタリと進む。


午後からの仕事に備え今日はどこで啜ろうか?パッと閃いたのは吉井町のペルー軒。踵を返し、筑後川を渡る。さぁ!白壁の町並みが美しい吉井町へ。
ペルー軒


入店すると1人の男性客が“ごっそさーん♪”と退店。昼下がりの店内。息子さんとお母さんが厨房でバタバタと。大将がいらっしゃらないのは出前だろうか?と思ったいたら大将がお茶を持って来てくれた。


ゆっくりゆっくりとした時間が流れる吉井の昼下がり。


ラーメン450円
おにぎり100円
ゆで玉子10円

三角の薄焼き卵が特徴的な一杯。薄いチャーシューが三枚。麺は中麺の柔らかタイプ。あっさりしたスープは出汁の甘味がぽってりした懐かしの味わい。




2割ほどラーメンを食べた時におにぎりが到着した。


小皿に小ぶりな奴が2個。今お母さんが握ったんだろうか?ホカホカだった。ちょっぴり塩気が効いた母の味。1つはそのまま食べて、もう1つはチャーシュー巻きにして食べた。


ペルー軒ではゆで玉子を食べないとね。1個だけなら10円だもん。2個食べると2個で100円になってしまう。3個は150円かなぁ? 口の中で黄身のモサモサした感じをスープで溶かしながら食べた。



半分ほどスープを飲んだらどんぶりの内側にお店の屋号が出てきた。



穏やかな吉井町で穏やかなラーメンを食べ終え仕事に戻る。



ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。