スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸陽軒@諸岡


筑紫通から脇道に入ったところにある幸陽軒。
佇まいからすでに雰囲気がいいですね。

一気にここだけ昭和にタイムスリップ。
玄関前には出前待ちのスーパーカブがスタンバイ。

暖簾をくぐり、給水機で水を注ぎ、赤いL字カウンターの隅に座る。
先客は無し。お母さんが“いらっしゃい”と言う。たまごラーメンを頼み、時計を見た。
11時半。先客無し。


たまごは煮るね?落とすだけでよかね?とお母さん。

今日は落とすだけにしてもらった。
たまごラーメン 500円


スープを飲む。淡い淡い!今日は当たりだ!
ジンワリと出汁が沁みる淡味。塩加減もちょうどよい。
ぽわりぽわりと広がる出汁の旨みが凄い。
ぽわりと広がった出汁の旨みを化調がキュイっとしめる。
舌の根っこが化調でジンワリと馬鹿になる感じ。


俺「お母さん、スープは鶏ガラか何か入っとうと?」

お母さん「いや、トンコツだけよ。」


豚骨だけでこの柔らかなフワリとした出汁がでるのか。すごいなぁ。
麺は固麺で頼んだけど失敗だったかな?この丸いスープには是非とも軟麺で啜りたい。
でも固めんでも美味しいね。今日は本当に当たりだ。・・と思いながら啜る。
お母さんが話を続ける。


お母さん「古い久留米ラーメンやけんね。」


久留米の幸陽軒との関係を尋ねた。
柳川の幸陽軒と関係があるらしいがお母さん自身もあまりよく分らないという事だった。
自分で聞いておいてなんだが、興味はあるけどどうでもいい気分。
だってスープが旨いんだもん。

源流はどこでもいいのだ。紆余曲折を経て、各地に広がった暖簾。
長い年月をかけて、その土地に合うように変化し、やがて土着の物となる。
ラーメンを啜る時に感じる壮大な時空の流れ。歴史がある一杯はただただ黙って啜れば良いのだ。

たまごを割る。
たまごらーめんはいつたまごを割るかが悩みどころだね。



淡いスープがさらに柔らかく表情を変えた。




ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんちは♪

以前にも記載されてた店ですよね?


ここって、某友○病院の近くのですかね?

店の前の道が、結構狭くて、変に曲がった道でw

No title

あ~、ここ、前回の記事の時に行ってみようと思いつつ、行かないままでした。
しかし、玉子、お好きですね~、というより、前回もそうでしたが、こちらのお店は、玉子ラーメンがイチ押しという事ですか?(笑)

No title

相変わらず渋いトコ行くのお。
一時期近くに住んでた時に一度食べたきりだけど、その時は・・・
写真みたらもう一回食べてもいいかなと思いました。
ホントエラいね~キミは(^O^)

No title

>風太郎さん
そうです。だいぶ前にUPしたお店です。
仰るように友田病院のすぐちかくです。

No title

>かめさん
玉子好きです^^;
オススメというわけではないんですが
あると積極的に頼んじゃう感じです。

No title

>隊長殿
渋いラーメン屋好きですから^^;
その時は・・・ ←これわかります。
今回は奇跡的にスープが美味かったのでUPしたまでです^^;
何度撃沈したことか・・・(笑)
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。