スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つる荘@広川


ガード下食堂に行く。
少し早目に到着し、開店時間を回っても待てど暮せどシャッターは開かず・・・。


(´Å`)もしかして・・・やっちまった・・・?


暫しの放心の後、いそいそと車を降りて開かずのシャッターの前で記念写真。
すこしばかり脚色しておりますが、店はこんな感じです。

ガード下食堂@大牟田



さて気を取り直して広川のつる荘へ。

大牟田から下道移動で広川へ。
完全にお昼時を外しているので先客はゼロ。ラーメンを頼み席に着く。しばらく来ないうちにラーメンは470円に値上がりしていた。

ラーメン 470円

値段は上がったけど見た目は昔のままだ!イメージは透明に近い白。まずはスープを吸う。ジンワリと広がる淡い感じ。これだこれこれ。海苔でスープの表情が変わるのが嫌なので海苔を食べた。


ポワリと柔らかい麺にこのスープ。ずいぶん昔からこの一杯だったんだろうね。透明に近い白のイメージと書いたけど、トンコツスープの源流が清湯ならば清湯から白湯に移行していく過程の一杯なのかな?想像するしか出来ないけど、ずいぶんと歴史のある一杯には変わらんね。ここにはこういうラーメンがまだ生きている。なんともありがたいことだ。


ジンワリと沁みる一杯。

ごちそうさまでした。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

アラフォーのangieといいます。こんにちは。
母の実家が広川で小学生のころから弟と広川を訪ねては、つる荘のラーメンを出前でとってもらってました。
だから店舗は知らないわけで…。
博多のラーメンに比べてアッサリしてるのと、出前で麺がノビノビなのを思い出してます。
おばちゃんが被ってるシャワーキャップみたいなのを被ってやって来てました。
アタシはあれをはがすのが苦手で…。
でもラーメンと名がつけば、なんでも好きだったあの頃。
まだつる荘が健在なんてカンゲキです。

No title

>angieさん
こんにちは(´ε`)
アラフォー世代で小学生ということは・・・・30年くらい前の・・(ボソ)
おそらくその頃と味は変わっていないかと。
博多と広川って同じ福岡で同じトンコツだけどこうも違うかってくらい違いますもんね。

シャワーキャップ(笑)わかります。
僕もあれ?すの苦手です。スープにくっついてテーブルがビシャビシャになってしまいます(´ε`;)

お店は3号線沿いだからすぐ分かると思います。
機会があれば行かれてみてください。感動するかもしれません。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。