スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圭順@門司


一気に涼しくなった。


門司の長年の宿題店である圭順へ。先日唐津の一竜軒を食ったばかり、わずか数週間での引き合わせは麺の神様のお導きか?店主は一竜軒リスペクトを公言する。二郎インスパイアという言葉があるならば、さながらここは一竜軒インスパイアと言うべきか?しかしこんな目立たぬところにこんな素晴らしいラーメン屋があるとは・・いやはやなんとも・・恐るべき門司エリア。


圭順@門司
先客4名。ラーメンを普通で注文し、席に着く。おにぎりを追加した。清潔感がある店内は非常に好感がもてる。メニューもラーメン類が数種とおにぎりにビールと至ってシンプル。程なくしてラーメンが到着した。小ぶりなどんぶりにスープがなみなみと注がれ今にも溢れんばかり。写真からは分からないが下に敷かれたお盆が扇型をしており実に美しい。思わず“ほぅ・・”とため息をつく。


濃い茶色の素ダレがキリっと効いたスープ。ゴツン!とトンコツが主張し思わず笑みがこぼれる。ポワッと柔らかめに茹でられた中太麺、生姜の香りが爽やかな柔らかいチャーシュー。コレは素晴らしい。こんな旨いラーメンが500円で、しかもこんな路地に存在すること自体が奇跡的にすら思える。


俺は今まで何をやっていたのだろう、早くコレを啜りたかったそう思わせる一杯。そんな一杯がたまにあるが今日の圭順はまさにそんなラーメンだった。スープの表面で細やかな油の気泡がパチパチと弾け、まろやかな口当たりのトンコツがサラリと体に落ちていく。ああ・・これだこれだ。スープを吸い麺を啜る。ゴツンとトンコツがストレートに主張するがチャーシューの爽やかさが一息入れてくれる。このコンビネーション、見事だ。


冷たいおにぎりをほうばり、アツアツのスープで流し込む。なんという幸せ。やっぱりラーメンには冷たいおにぎりだよ。麺を啜り、スープを吸う、おにぎりをほうばり、また麺を啜る。ああ幸せだ。近くにあったらヘビーローテーション入りするのは間違いないな。





ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。