スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志げる食堂@佐賀市


昭和5年創業の志げる食堂へ行く。

84年前からやっている佐賀の老舗大衆食堂だ。すぐ横には佐賀県庁がある、県庁マン達の胃袋を支えてきた佐賀の台所。朝8時から営業しているので朝食としての利用も可能だ。麺はちゃんぽんが主軸だろうが、今回はラーメンを食べてみた。個人的には皿うどんもなかなか個性的で好きだ。チャンポンよりも好きかもしれない。佐賀で皿うどん?と思われる方もいらっしゃるかもしれない。チャンポンの汁がないような味と言えば分かりやすいか?汁無しチャンポンが平皿に盛られ上から青ノリがどっさりかかっている。


志げる食堂@佐賀


11時半頃に入店すると先客0。しかし12時に向って時計が進むにつれてあっという間に席が埋まりだす。ラーメンを注文して席に着いた。外から見るより中に入ると随分と広い店内。テーブル席がいくつだろうか?奥には座敷もある。6~70名くらいは入れそうだ。



ラーメン 480円

上の写真を見て“シナチクが入ってないね”と思った人は相当な“志げる通”だ(笑)。今日はシナチクが入ってなかった。まー前回食べた時は普段入っていないんだろう“ナルト”が入ってたりしたので、冷蔵庫の在庫具合によって微妙に具材が変わるのかもしれないね。スープからは全くと言うほどトンコツの匂いはしてこない。飲むとジュワと甘みが前面に出た後に若干の酸味が軽く感じられる。この甘みはいったい何だ?食べ進むにつれてドンドン甘みが増幅されていくような感覚。舌の上にペターっと甘みが貼りついて食べ終わった後も口の中を支配し続けるのは好みが真っ二つに分かれそうだ。

チャーシューはいつからこんな既製品ぽい焼き豚になったんだろうか?昔はモモ肉のもっと大きめの奴だったような気がするが記憶は定かではありません。


麺はポニュとした強軟麺。昨今のカタ麺志向の中、デフォルトで出されるラーメンでこれほど柔らかい麺を出す店はなかなか無い。ポニュポニュして全くコシのないテロテロ麺だが、このスープとよく合っている・・気がする。最近では福岡都市部のカタ麺至上主義信仰が南へ伝わり鳥栖や久留米あたりでも麺の固さを聞いてくるお店が随分と増えましたが、これは福岡都市部の“井の中のカタ麺文化”が発生させた害悪だと思っております。志げる食堂には是非この超ヤワ麺を守り続けて頂きたいと思います。


しかし、スープと麺が醸し出す哀愁感がたまらないね。

いつからこういうラーメンなんだろうか?とすごく興味があります。

そしてこの一杯はどこへ向かうのか?というのもすごく気になります。



ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヨウスケさん
この前は、お疲れ様でした。
かめさんのブログで思い出しましたが
御礼が遅くなりましたが
○○増強剤ご馳走さまでした。
処でヨウスケさんのレポ中々渋いですね~~
あと10年もしたらラーメンで飯が食えるかもよ!?
これからも宜しく御願いします。

No title

>carlos takaさん
ほんとこの前はお疲れ様でした^^
ラーメンレポで飯ですか^^;
まーそんな事にはならないと思いますが、
細ぼそ食べて地味にブログ書いてる方がいいですねー^^;

No title

テーブルの上が、昭和の食卓、という感じで、風情があって良いですね~。
ヨウスケさん、先日受けた司令、遂行してきました、美味かったです!

No title

>かめさん
なかなか雰囲気のある町の食堂という感じですよ。

お!行きましたか!!ちょ!読んでみます!
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。