スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下一品@博多駅前


□天下に類なきもの すなわちこれ天下一品なり

天下一品@博多駅前

天下一品(以下テンイチ)が大野城から無くなってどれくらい経つだろうか。最初に大野城でテンイチのラーメンを食べたときは本当に驚いた。鶏と野菜で作られた超濃厚スープに井の中の蛙、狭い料簡しか持たぬ我々福岡トンコツ民族は“鶏と野菜でこんなに濃厚なものが出来るのか?”と衝撃を受けた。博多駅前に移ってスープが徐々にライトになって行くにつれて僕はテンイチから足が遠のいた。今はどうなってるんだろう?かなりぶりの再訪となりました。

ラーメンはこってりと普通の2種類を注文した。
(※画像は全て普通の方です)
ラーメン(普通)

ニンニクは抜いた。こってりの方を啜ってもやはり感じるライトさ。もっとコッテリの方が旨いと感じるのは僕だけでしょうか?一緒に啜っていた初めてテンイチを食べる某が“味噌汁に玉子入れたみたいな味・・”とボソッと呟いたのには妙に納得してしまった。そーいや玉子麺だもんね。

ライトになったとはいえネッチョリとスープが麺にまとわりつく。この粘度はスープとソースのギリギリのライン。ポッテリとした中太麺・・と書きたいが細麺。なんでこんな麺にしたんだろう。柔らかいポッテリとした中太麺で食べたい。カタ麺指定の方もかなりいらっしゃいますが、テンイチでカタは大クエスチョンマークが点灯する。なんでもかんでも“カタで!”と言ってしまう風潮は福岡市が北部九州一帯に発生させた害悪だと思っとります。


スープ(ソース?)がベロベロネッチョリと麺にまとわりつき割り箸が重たい。ライトになったとはいえ啜り終わると4分の1ほどしかドンブリにはスープが残っていないような状態。それほどスープは啜ってないのですが・・。重たいスープですが胃は重たくならずにアッサリと完食。それどころか更なる濃厚さを求めて体は若干欲求不満気味・・。まだまだ僕も若いようです(笑)

やっぱりテンイチはたまに食べてみるようにしてみます。

次はこってりのスープを煮込んでもらって“割り箸が立つほど”超こってり仕様で食ってみたいなぁ。

ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔、京都に住んでいたので時々、天一に行ってました。
当時はネギとニンニクが無料でテーブルに置いてあったのですが。。。今はどの店でも見かけません。
天一はお店により若干の異なりが見られます。
東京六本木ではニンニクを頼むと小皿にドカっと盛られて出てきました。大阪梅田では普通の天一。三重四日市も普通。京都西九条は定食多い、京都八条口ではラーメン以外あるの。。。?って感じで。他にも京都の各店に行きましたが、結構お店で個性がありました。でもポタージュスープのようなこってりはたまに食べたくなる味です。少しお高めですが。。。

No title

>Randyさん
お詳しいですねー!
各店舗の比較ってした事が無いのですが
福岡のテンイチはどんどん薄味傾向になっているようです。
スープというよりはソースのようなテンイチは、Randyさん仰るようにたまに食べたくなりますね。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。