スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柊@長崎市籠町


飲み屋街の一角の“柊@籠町”へ



ラーメンは“濃厚とんこつらーめん(600円)”と“超あおさらーめん(650円)”の2枚看板。濃厚と聞いたらスルーできるわけがない。濃厚とんこつらーめんに炙りミミガー(150円)トッピングで注文した。ご飯物に玉子かけご飯があったり替え玉とは別に締め茶漬け(残ったスープでご飯割りの事)があったりと非常に飲んだ後に嬉しいメニュー構成となっております。
濃厚とんこつらーめん 600円

ピンボケで申し訳ない・・。

まず一言。“濃厚”という意味を分かっているのか?どこが濃厚なんだろうか?むしろやや甘めを感じるポワっとした出汁の出方。優しいサッパリとした豚骨スープ。濃厚という言葉が付いてなければ素直に受け取れますがこの肩すかしの跳ね返りはデカい。最後まで“どこが濃厚じゃい!めちゃめちゃサッパリしとるやんか!”と心の中で絶叫しながら啜る。飲んだ後を意識してのサッパリめの味付けなのだろうか?


炙りミミガーのトッピングは言うたら、キクラゲの変形版。コリっとした食感をミミガーが演出。目をつむって食べたらこのキクラゲおいしー♪となること請け合い。ものすごく“炙りミミガートッピング”と聞くと目新しさ満載だけと食うとそーでもないタイプ。

ますます長崎のラーメンがわからんごとなってきました。


ちゃんぽん、皿うどんという大麺文化を抱える長崎ではなかなか他の麺文化は育たんという持論がますます固まる結末に。我が福岡でも同じ事が言えるのですがね・・。

そろそろ年の瀬です。
ラストスパートでモリモリ食べて年を越しましょう。



ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。