スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海鳴@清川


すっかりモタスポがメインになって申し訳ないです。

□今週の主なレース
F1 中国
IRL ロングビーチ
FN 鈴鹿
全日本F3 鈴鹿
WRC トルコ

今週はWRC以外はほぼフォーミュラのレース。とうとうFN(フォーミュラニッポン)が鈴鹿で開幕です。ナカジマレーシングでシリーズチャンピオンに輝いたL.ディュバルがドコモダンデライオンに移籍。F1もチャンピオンのバトンがブラウンGPからマクラーレンに移籍と、チャンピオンの移籍が目立つ年です。上海(F1)は決勝日には雨が振りそうな予報でこれまたレース展開が読めません。IRL(インディ)にシートを求めアメリカに渡った佐藤琢磨の第4戦目はロングビーチ。第3戦のバーバー(優勝はエリオ・カストロネベス)では最下位ながらもマシン修復後は速さを見せた琢磨。彼はトリッキーで時にはデンジャラスなレーシングスタイルではあるがそろそろ結果が欲しいところ。ロングビーチといえば1980年のF1でエンサインという小さなチームから参戦していたクレイレガッツォーニというドライバーがブレーキペダルの破損によりレーサー生命を断たれる大クラッシュをしたことを思い出す。チームのエンジニアがブレーキペダルを軽量化のためにスチールでは無くチタンで作った事が事故発生の原因だった。この事故を受けてレギュレーションにブレーキペダルの材質はスチールで、というものが出来たと記憶している。レガツォーニがショボイレーサーならこの事故で命を落としていただろうと思えるほど、事故の惨状は凄まじいものだった。ロングビーチはストリートサーキット、故にまともなエスケープゾーンなどあるわけが無く、周りをコンクリートの塀が取り囲む超ツイスティーでバンピーなコース。つまりコースアウトしたら即クラッシュというわけです。200キロオーバーでコンクリートブロックにTボーンクラッシュすれば当時のヤワなF1モノコックでは命の保証はない。走行中にブレーキを失ったレガツォーニは瞬時に3速へシフトダウン、エンジンブレーキを利用しながらスピンアウト、コース脇に止めてあったロータス(だったか?)のマシンに自らぶつかりにいったのだった。その間約2秒!驚きの判断力と反射神経である。命は無事だったが脊髄を損傷したレガツォーニは車いす生活となりマシンを降りた。しかし根っからのレーサーオヤジは身障者用の特別装備のマシンでパリダカラリーに出たりと精力的に活動。日本では身障者用の装備付きのNSXを駆りホンダのCMでサーキットをかっ飛んだ映像を見た時は思わず涙がこぼれた。

YOUTUBEよりレガッツォーニ出演のホンダCM
Clay Regazzoni and his NSX HONDA.


海鳴@清川


つけ麺を・・
つけ麺(値段失念)

このつけ麺は、よーできとります。

えびかジェノベーゼかどちらかのオイルをオプションで追加出来ますが、このまま食べます。オイルを添加すればグッとつけ汁に変化が出て面白みが出るのではないかと思われますが、保守的な僕はオイルは添加せずに物凄くオーソドックスなこういうタイプの方が安心して食えます。麺は細いので余計につけ汁と絡むのですが、個人的にはもう少し太い方が好みではあります。麺の小麦感はやや弱く、つけ汁と比べるとやや力不足なのですが、特に不満も無く最後までズリズリとすすりキッチリとスープ割まで頂くのは、このつけ麺がよーできとるから他ありません。



ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レガツォーニといえば、フェラーリにいたあの人ですか?「赤いペガサス」には出てましたかね?

No title

>まちゃくんさん
そうです、フェラーリに居ました。
というより、レガツォーニのF1でのキャリアのきっかけは下位カテゴリーで彼が走っている姿を見て、フェラーリの創始者のエンツォが声をかけた事が始まりなんです。彼はスイス人なのですが、モータースポーツ暗黒地帯のスイスからF1の一番華やかな所で走るドライバーが出たというのはとても意味があるように思えるのです。

^^;当方若輩にて・・赤いペガサスは存じ上げません・・・。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。