スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元蔵@大手門

□サードブランド始動開始

元勲@大手門
genzou0928 (2)
向かいの簀子公園にまで花が溢れる。大手門の路地に28日グランドオープンした元蔵へ味噌つけ麺を啜りに行く。魚介豚骨の元助、鶏つけ麺の元勲のサードブランドの元蔵は5席のみの小さなお店。1ロッド5杯、総入れ替え制を取っているのか?全員が出てから次の5名がご案内されている。15分~20分程で入れ替えなので僕の前には約10名ほど待っている事を考えると30~40分待ちの模様。店の前にはお茶が用意され待っている間も店員がいろいろと気をきかせてくれるのは流石。飲食店にとって味と並んでとっても大事なホスピタリティーの部分がしっかりと教育されているなぁと感心する。やっぱりラーメン主流でつけ麺文化の無い福岡だものいまだに“つけ麺が来るのが遅い!”と怒り出す人をたまに見かけるで、つけ麺を扱ううちに自然とこういう接客になっていったのかなー?なんて舞台裏を勝手に想像してみたりするのです。

オープン記念で半額。普段はなかなか手の出ない“特製”も半額の500円なので迷わず特製のボタンを押す。麺も男前に“大”300gで注文した。
こいつが新兵器のIHヒーターが埋め込まれたカウンターテーブル
genzou0928 (1)

こいつで、つけ汁の温度が下がるというつけ麺最大の弱点をカバーするのです。

・・・という事はつけ汁を入れるどんぶりもIH対応型かー!

ほらほらこういう部分もホスピタリティーの一つですばい。


特製つけ麺1000円(オープン記念特価500円)
genzou0928.jpg
慶史製の逆切り極太ねじれ麺「綱王」を何もつけずにひと啜り。モチっとしたグニュっとした食感で小麦の風味が強い麺。麺だけでも十分な旨みを感じる。つけ汁には魚粉が乗る。やっぱり魚粉乗るんだーと思いながら麺を潜らせて手繰る。元助との比較になるが元助よりもずいぶん丸い感じがするのは味噌がなせる業でしょうか?味噌っぽさはそれほど感じませんが一幸舎が創るつけ麺っぽさは十分にあります。つけ汁の中に入ったコリッとした食感のワカメの茎がいいアクセントになってます。

卓上の秘伝の唐辛子、酢を入れながら食べ進むとドンドン表情を変えるつけ汁は面白い。トックリに入れて渡されるスープを入れてスープ割りにしたが最後は熱過ぎてIHの電源を落としたほど。焼け石と違ってずっと熱いままというのは素晴らしい。今からどんどん寒くなってくるとここの熱々の味噌つけ麺がますます美味しい季節がやってきそうです。



ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。