スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島系本店@志免

□だってしょうがないじゃないあなたが好きだから


ブログをサボってもアノ店には通っているわけでして。やっぱり相当好いとるようです。


LOVE系本店@志免

いつかのLOVE系本店
ラーメン普通
極太麺指定
ニンニクなし
simakei1119.jpg
あーこれは画像を見る限り、志免ではなく舞鶴店です。

そしてこちらもいつかのLOVE系本店
ラーメン普通
極太麺指定
ニンニクなし
simakei1109.jpg
こっちは紛れも無く志免店です。見分けるポイントは光の差し方。カウンター上部が開いている志免店とカウンター下部が開いている舞鶴店。だからどーだって話なんですがね・・。それだけ愛して止まないのです。

やや醤油側へシフトされた豚骨醤油のスープ。脂身少な目のもっさりタイプの煮豚。いつもの島系なのですが抜群の安定感。麺を自家製に変えたことで大幅に短縮された湯で時間で提供までストレスを感じさせません。舞鶴店ではカタの指定まで聞いてくれる。この極太麺をカタで食うのか?と驚かされますが、ここ福岡、そして博多。猫も杓子もカタ麺文化なのだから仕方が無い。以前まではなんでもかんでもカタで!と頼んでしまうのは福岡が北部九州一帯に発生させた害悪だって書いておりましたが、そんなものも全てひっくるめて“愛せて”しまうのはボクとラーメンとの関係が丸みを帯びてきたのかもしれません。その証拠に辛いのとかを食べてるのかも知れんです。



ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも有難うございます。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。