スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸一@徳永

□はよ寒くなれ

暑いのより寒いの大好きなので冬が来ると嬉しくなってしまいます。


丸一@徳永
maruiti1109.jpg


波多江の方にも同じ屋号のラーメン屋がありますが、関係はわかりません。国道沿いのわかりやすい方の店舗がこちら。昼下がりに入ると先客1名。世間話の真っ最中、そして片手には酒。正しいラーメン屋のスタイルでホッとします。ラーメンを注文した。
ラーメン 490円
maruiti1119.jpg

ラーメン(490円)を注文して、セルフで水を注ぎ、西スポを持って着席。これぞラーメンジェンントルマンの正しい着席までのマナー。無駄にキョロキョロなどせず、携帯をいじってもダメ。目は西スポに落としたまま、耳は厨房へ。湯きりの音が聞こえてきたらゆっくりと新聞をたたみ棚に返します。忙しいお昼時にテーブルやカウンターの上に新聞を放置するなどラーメンジェントルマンとして有るまじき姿。再び着席して約5秒後にラーメンが配膳されます。このタイミングをつかむまでに約3年間血の滲む様な特訓を繰り返しました。一瞬だけ目で大将と会話をしたら割り箸を取ります。右手人差し指と中指に割っていない割り箸を挟んだまま、まずはどんぶりに顔を近づけスープの香りを嗅ぎます。そしてスープをひと啜り。ここで初めて割り箸を割って麺を啜ります。最低3口味わうまでは胡椒や紅しょうがを入れるなど言語道断。ラーメンジェントルマンの基本マナーは優雅にそして無駄なく全てを味わい尽くすための作法です。湯で時間を考慮した替え玉コールのタイミングなどはその真骨頂とも言えるのでしょう。食べ終わったら楊枝をくわえサッと立ちレジに向かう、間違っても連れを待ったり、食べ終わっても着席して話し続けたりするなどもってのほかです。そしてレジでは財布の中に1万円札しかないなど個人経営のラーメン屋で嫌がらせの何者でもないので絶対にやめてもらいたい。お金を払い終わると小さく“ごっそさん”と言い店を出るのです。


・・・で、なんの話だかわからなくなりましたが、久しぶりに食べた丸一のラーメンは弱かったです。スープのバラけた感じと、かなり細い麺との相性などでやや難あり。でもこういうラーメンが無くなると困る人がたくさん居るのも事実。なんだかんだでガキのころから食ってるラーメンがやっぱり一番旨いからです。旨いと書いちゃうと語弊があるかもしれませんが。


ラーメンジェントルマンとか偉そうに書いてますが、この日財布を忘れて食い終わって慌てたのはボクです。



ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

波多江のご主人は
こちらで修行されたと聞いたことがあるような…。

No title

>黄金虫さん
やはり関係があるんですね。
どっちかというと波多江の方がボクは好きですね。
貴重な情報ありがとうございます。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。