スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前田食堂@大宜味

□牛肉×オキナワそば

那覇から車で1時間半くらい北上し大宜味村の前田食堂を目指す。知らなかったのだが沖縄の高速道路は実験的に無料化されていた。同じ敷地内につけ麺58というつけ麺屋が出来ていて激しく心惹かれるのだが、ここはグッと抑えて前田食堂の暖簾を潜る。

前田食堂@大宜味村
maeda0221.jpg

沖縄の主要道路58号線沿いに位置し大宜味村を目指して58号線を北上すれば嫌でも目に付く好立地・・・という単純な理由だけではないのでしょうが駐車場、店内ともに満杯状態。

1つだけ心残りがあるとすれば、ここの名物の牛肉そばを食べなかった事。もやしと牛肉をたっぷり胡椒を効かせてスパイシーに炒めたモノをどんぶりに山盛りに乗せた二郎系沖縄そばが前田食堂の牛肉そばなのだが何を血迷ったのか未食で帰福した。福岡からはるばる大宜味の前田食堂まで行って牛肉そば食べなかったのは銀河鉄道999でアンドロメダまで行ったのに機械の体をもらわないようなモノだと話せば理解していただけるでしょうか。

そーきそば 650円
maeda0221 (1)

そば(小) 450円
maeda0221 (2)
一軒目のすーまぬめぇと比べるとトンコツ出汁が俄然ワイルド。やや獣臭を残したトンコツスープが前面に出て、いわゆるよくある最近の沖縄そばにありがちな魚介系の旨みがブワーんと出てくる感じは無い。麺に感じるカンスイっぽいアルカリ質なイメージもやややぼったいのだが、逆にそれが古い沖縄のそばを食わせてくれているんだという感じがして、頻繁に本場の味に触れると事の出来ないボクのような者にとってはありがたいとです。

沖縄の食堂に入ればコーレーグスがどこにでも置いてあるけど、旨いからってドボドボ入れまくると飲酒運転になるよなーなんて思ったのですが実際に沖縄での扱いってどうなんでしょね。沖縄の卓上調味料の基本だけど正体は泡盛と唐辛子というれっきとした酒。未成年者への配慮なんかがマジメ(自称)なボクは気になるのです。




ごちそうさまでした。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。