スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入船食堂@住吉

□あなたはボクにとって黒船でした


 ここ数日のバケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨&カミナリの原因はボクが毎日ブログを更新しているからです。ごめんなさい。

 ゆとり教育やめる!みたいな話で小学校の課程なんかが変わっているらしいですけど、社会科とかで世界地図なんかを見せながら世界の国々の位置関係なんかを教えるじゃないですか。世界地図もいいけどまず初めに覚えておかないといけない大切な位置関係は下の図ですからね。

bui.jpg

 おたこぷーがおたこぷー体操で“♪肩それはロース!”って踊るまでロースって肩肉だって知らなかった。高校生なのに・・・。それまでの十数年間はロースがどこのお肉かわからずに食べていたんですよ。お肉迷子。親はなにやってんだ!って話ですよ。先日サムギョプサルという分厚い豚ばら肉を焼いて食べる機会があったんですが、三枚肉ですっていうもんだから3枚お肉が出てくるんだって思って食べれるかなー?って思っていたら1枚しか出てこなくてびっくりした。「脂身と肉の層が重なって3枚に見えるから三枚肉って言います」だって。知らないことだらけやわー。


JAROに報告しそうになった三枚肉の皆さん
20120817_202045.jpg


~閑話休題~

入船食堂へ。
irifune1229 (1)


ラーメンをアブラ多めで作ってもらう
irifune1229.jpg

 ここが数年前に出来た時、それまで馴染みの薄かった家系ラーメンとかいうやつをいつでも、しかもハイレベルな一杯で食べれる機会を作ってくれた大将に感謝。大将は関東の方らしいが福岡が好きになって住み着いてくれたことにも感謝。たまに無性に食べたくなってカウンターの隅っこに座ってチロチロと啜っております。博多に合わせて細麺とか替え玉とか設定してくれております。・・・が、悪いことは言わんから普通に太い麺でそしてたくさん食べたかったら大盛りを頼んだほうが吉。この日はずいぶんと骨太な印象を受けました。




ごちそうさまでした。

一楽@志免

□もうすでにらっきょうじゃない

 ココイチでらっきょうが食べ放題だったあの頃ボクはピカピカの童貞くんでした。今じゃすっかりボクもココイチも変わってしまい30円も出さないとらっきょうを食べることが出来ない時代になりました。ボクもココイチもすっかり真っ黒です。あしからず。

 鳥取県の名産品のらっきょう漬けの作り方を簡単に説明すると塩水につけたらっきょうを塩抜きして茹でたら調味液に漬けるだけ。調味液はらっきょう1kgに対して、水150ml、砂糖250g、食酢350ml(酸度4.5%)を用意します。水に砂糖を加えてひと煮立ちさせ、冷えてから食酢を加え半切りにしたトウガラシを入れます。尚、砂糖、食酢の量は好みにより加減し、味を整えて下さい。


2012y08m18d_172628796.jpg

 壷の中で300年ほどらっきょうを寝かせるとピアノが大変上手になったらっきょう漬けが出来上がります。壷から出すとナウシカとかSUMMERとかを作曲し始めて日本人の心をロックします。勘のいい方ならもうお気付きでしょう。

 そうです、それが久石譲です。


~閑話休題~

 最近はラーメンの話はサラッと流して冒頭の電波がユンユンしている文章に命を燃やしているんじゃないか?と仰ってくれるありがたい方がいらっしゃいました。



 まったくもって図星です。・・・ということで今日もサラッとラーメンの話題に入ってパッと終わります。



 空港のコジマ電機横の一楽志免店でラーメンと白飯。値段は忘れました。

rakuiti0921.jpg

 ラーメンのどんぶりと白飯の茶碗のパースが狂って見えますが、単純に茶碗がデカいのです。粕屋地方特有の塩分が高めのスープは自然と白飯が欲しくなる仕様となっております。どれくらい塩辛いかというとボクがナメクジなら死ぬレベル。もともとここら辺は炭鉱やらあったせいで肉体労働バリバリの炭鉱マンに合わせてラーメンも自然と塩辛くなっていったと推測してみます。ボクにとっては飾らず気取らず啜れるオフクロの味噌汁みたいなラーメンなんで定期的に食べております。今日食べてもいつもどおりの一楽でなーんも変わっとらんで安心しました。




ごちそうさまでした。

ラ賊@粕屋

□照栄が泣きながら…

 照栄が泣きながら○○している画像ください!っていうシリーズがあるじゃないですか?照栄が泣きながらXJapanに加入している画像くださいとか照英が泣きながらリオレウスにのって熱々のローション を上空からぶちまけてるところを松岡修造と谷亮子に見られてる画像をくださいとかいうあれですが、本当のところをいうと照栄が泣きながら元祖長浜屋でバイトをしている画像をくださいって思っている人が多いと思うとです。無いかなー?って思いながらボクの照栄フォルダを探してたら偶然にもあったので報告しておきますね。

2012y08m18d_153627218.jpg



~閑話休題~


こちらには地味に通っております。

麺屋 ラ賊
ラ賊0930


ラーメンをカタで。
ラ賊0930 (1)

 こちらの大将が北九州の魁龍の出身だという有名な話はおいといて、なんだかんだでけっこう好きな部類のラーメンなのです。グッと出てサッと消える潔いスープはキレが良いという感覚とはちょっと違うグッと出てサッと消える系トンコツスープです。スタンダードな細めんと仕事がされたチャーシュー。チャーシューを食うと大将の愛を感じます。魁龍とは違う流れも感じますがそれはこの黒いドンブリとよく似た黒いドンブリを使うあの有名ラ店では無いのか?と勝手に勘繰っております。



ごちそうさまでした。

島系本店@志免

□だめだコリァ


問題

写真1と写真2は同じもののように見えますがどちらかの写真が間違っています


写真1
2012y08m18d_125746218.jpg

写真2
2012y08m18d_125826890.jpg


答え

1の写真が間違っている。
李明博大統領の顔がマリリンマンソンに変わっている。


似てるからって、これを間違えるとはマリリンマンソンに失礼極まりない。




~閑話休題~


ラーメン普通 650円
極太麺
ニンニクなし
20120816_134720.jpg

 色目からしておかしい。素ダレが強めのように感じるが、素ダレが強いのではなくトンコツが出とらんだけ。毎日やってりゃこんな日もある。逆にこのトンコツ弱めな感じは現在の初期仕様のスープに変わる以前のバージョンに似ていて、啜った瞬間にアレ?と思うとともにどことなく懐かしいなぁと感じるボクもおるとです。ひとつ心残りなのは麺の湯で加減が抜群に良かったこと。煮豚も最高の出来だっただけにスープの弱々しい感じがなければ大ホームラン間違えなしだったはず。ラーメンの出来にタラレバはないというのは、白亜紀の時代から先人たちが言い続けてきた事だってロゼッタストーンにも書かれていることなので次に期待しときます。



ごちそうさまでした。

まるげん@平尾

□お盆休み終了

 バイクで1時間半も走れば由布院へ行ける幸せ。6時に友人と基山SAを出発し7時には由布院の金鱗湖へ到着。朝の湯布院は真夏だというのに清々しい。金鱗湖のほとりにあるマルクシャガールゆふいん金鱗湖美術館でモーニングプレート(1050円)。オープンデッキから朝もやの湖を見ながら男2人で遊びの相談。一緒にバイクにまたがればいつでも子どもに戻れる心友に感謝。

モーニングプレート 1050円
20120813_070403.jpg

コレだけを食べるために由布院へ行き、10時には帰福する贅沢な時間。



~閑話休題~

平尾のまるげんへ。

たまにここの中華そばが無性に食べたくなるとです。

特博多中華そば 800円
20120812_130957.jpg

 魚介が少し強めに効いた豚骨スープに平打ち麺。最初魚介豚骨を食べたときにはたいそう驚きましたが今ではすっかりおなじみとなりました。いつ食べても抜群に安定していると思っておりますが、近所に住む友人曰く日によって多少のブレはあるとのこと。お江戸のオイニーのする一杯ですが魚介の効かせ方の塩梅や平打ち麺を使用する感じなんかが博多にチューニングを合わせられておりますので、意外と閉鎖的な豚骨帝都福岡でも受け入れられているとでしょうや。



ごちそうさまでした。
プロフィール

ヨウスケ

Author:ヨウスケ
福岡市在住

34歳


□あいさつ

 食べたラーメンの記録を残そうと2008年からブログを始めました。毎日たくさんの方に読んで頂きありがとうございます。いつまで続けれるかわかりませんがお付き合いください。

 ブログ中の味の評価ですが、ラーメンスープ自体がその日の出来や僕自身の体調なんかで感じ方が大きく変わるものと思っております。そうそう!俺も旨いと思ってたよ!と共感される方は僕と味覚のチューニングが合っている、ただそれだけの事です。こっそり共感しましょう。

 気になるお店はブログを読まれるだけでなく実際足を運ばれることをオススメします。




ご意見等はコチラへ
cafeh@excite.co.jp

最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ジオターゲティング

ジオターゲティング
検索フォーム
カテゴリ
人気記事ランキング
福岡博多ラーメン食記内のアクセスが多い記事ランキングはこちら☆
QRコード
QR
SHOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。